ページの先頭です

AI-PHARMA

AI-PHARMAとは

医薬品情報の収集・管理・共有に対する課題を解決し、
「できない」から「できる」に

課題例
「DI記録が収集・整理できない」
「分析など再利用できない」
「他施設の使用状況に関して情報収集できない」
「情報発信(周知)をデジタル化できない」

AI-PHARMA(アイ・ファルマ)は、無料でご利用いただける、医薬品情報を管理・共有するウェブアプリケーションです。

現場の医療者が入手したい情報と、管理・提供側が届けたい情報(医薬品情報、研修会・学会の案内、院内お知らせ等)を効率的にマッチングすることができます。

情報を素早く簡単に入手・共有でき、医療者同士が双方向にやり取りをすることで、より実用的な情報交換をすることができます。

AI-PHARMAはDI業務をクラウド上で実現する「スマートDI室」として機能し、医薬品の最適使用をサポートします。

【監修】岡山大学病院・薬剤部・人工知能応用メディカルイノベーション創造部門
【システム開発・提供】木村情報技術株式会社

AI-PHARMAのミッション

AI-PHARMAのミッションの図

AI-PHARMAの目指す未来

AI-PHARMAにアクセスすれば、あらゆる医薬品情報を素早く入手できる
医薬品情報に関する医療者の「集合知」プラットフォームを構築

AI-PHARMAの目指す未来の図

AI-PHARMAの
機能について

1 情報収集

掲示板の画像

掲示板

医療現場で生じた疑問をみんなで解決

日々医療現場で生じる疑問をAI-PHARMA上に投げかけることで、全員で議論・解決・共有ができます。
新着通知機能により素早い相談も可能です。

横断検索の画像

横断検索

記録、経験、症例、検索サイトを
一括検索で情報を素早く収集

Q&A記録、経験、症例+外部検索サイト(Google)を一括で検索することができます。
AI-PHARMAにログインするだけで様々な情報を引き出すことができるため、皆様の情報検索の負担軽減にお役立ていただけます。

2 情報管理

所属内DI記録の画像

所属内DI記録

施設独自のDIデータベースの構築が可能です

登録するデータは公開範囲(自施設・グループ施設のみ、全体公開)を自由に設定できます。
また、施設内データベースや他施設の全体公開データから単語検索をすることも可能です。
貴施設独自のDI記録を収集・管理して「情報資産」を蓄積するお手伝いをします。

症例(プレアボイド)の画像

症例(プレアボイド)

プレアボイドをデータベース化し、管理・検索・共有することができます

日本病院薬剤師会提唱のフォーマットに対応しています。
都道府県の病院薬剤師会や薬剤師会単位で導入いただくことで、プレアボイド報告活動をサポートします。
また、地域薬学ケア専門薬剤師取得に向けた症例管理にもご利用いただけます。
今後、副作用報告機能や疑義照会事例等の医薬品の使用実態に関する様々な事例収集・管理・閲覧機能も追加予定です。

3 情報共有

お知らせの画像

お知らせ

所属内外へ簡単に一括お知らせをすることができます

一括お知らせ機能の他にもコメント機能やリマインド機能もあります。
所属のみに周知したい事務連絡から、研修会や学術大会等の所属外へ幅広く告知したいことについてもご利用いただけます。
※職能団体(例:薬剤師会、病院薬剤師会など)、学会の会員向け情報共有にもご利用いただけます

DIナレッジシェアの画像

DIナレッジシェア

医薬品に関して、文章(自然言語)で問合せをすると、
AIが問合せを理解しデータベース内から最適な回答を返します

AI-PHARMAに参画する全国の医療施設からQAデータを集め、薬剤師監修の元で、AI学習データの作成や精度向上のためのメンテナンス作業が行われます。
検索結果に対しては、グッド・バッド・コメントを返すことができますので、ぜひフィードバックのご協力をお願いいたします。
より良い回答への材料とさせていただきます。