ページの先頭です

AI-PHARMAとは

医薬品情報を収集・管理する際に、「過去の記録が整理できていない、分析できない」 
「各製薬企業のHPやFAQを見に行く不便さ」 「他施設や現場での使用実態に関する情報の不足」
等の煩わしさや不便さを感じたことはないでしょうか?

AI-PHARMA(アイ・ファルマ)は、そのようなお悩みを解決します。
自然言語AI(人工知能)を利用し、収集した医薬品情報を整理し、素早く、簡単に、
必要な情報を抽出し、全国の医療施設同士で事例を共有することができる、
医薬品情報の循環を効率化するシステムです。

(監修)岡山大学病院・薬剤部 (システム開発・提供)木村情報技術株式会社

AI-DI構想とは

医薬品情報を整理し、医薬品情報でつながる
医薬品の「最適」使用につなげる、後世につなぐ

AI-DI(アイディーアイ)構想は、木村情報技術株式会社が提唱する、全ての医薬品情報を整理・管理・共有した
AIプラットフォーム化構想です。木村情報技術が持つAI技術で、医薬品情報を整理し、医薬品使用の最適化を推進することで、
医療に貢献したいという思いから始まりました。

※AI-PHARMAはAI-DI構想の中の1つの根幹システムです。

AI-DI構想のミッション

AI-DI構想のミッションの図

AI-DI構想の目指す未来

AI-DIにアクセスすれば医薬品情報は何でも分かる、全てのQA受け答えAIのプラットフォームを構築

AI-DI構想の目指す未来の図

AI-PHARMAの
機能について

1 医薬品Q&A

QA-AI検索の画像

QA-AI検索

医薬品に関して、文章(自然言語)で問合せをすると、
AIが問合せを理解しデータベース内から最適な回答を返します。

AI-PHARMAに参画する全国の医療施設からQAデータを集め、薬剤師監修の元で、 AI学習データの作成や精度向上のためのメンテナンス作業が行われます。

QA-単語検索の画像

QA-単語検索

「QA-AI検索」で求めていた回答が得られなかった場合、
データベースより該当する回答の一覧が表示されます。  

検索結果に対しては、グッド・バッド・コメントを返すことができますので、ぜひフィードバックの
ご協力をお願いいたします。より良い回答への材料とさせていただきます。

QA登録の画像

QA登録

データベースに登録されていないQ&Aを
登録することができます。データの収集・蓄積が可能です。

登録された問合せに対しては新たに回答を作成します。AI-PHARMAを利用する多くの医療従事者
から問合せを収集・共有することで、データベースの量と質を拡充していきます。

2 おくすり事例

おくすり事例の画像

薬剤師が介入した様々な事例を
収集・管理・閲覧することができます

第1弾として、プレアボイド(日本病院薬剤師会提唱)の
管理機能を実装しました。

今後、疑義照会事例等の医薬品の使用実態に関する 様々な事例収集・管理・閲覧機能も追加予定です。

3 DI辞書

DI辞書の画像
医薬品情報検索
(PMDAサイトにて添付文書やIFの閲覧可)
配合変化検索
腎機能別投与量検索
代替薬検索
(同種同効薬、同一成分薬等)
相互作用検索
(医療用医薬品+サプリメント)

今後追加予定のデータ

妊婦授乳婦・小児投与量
医薬品粉砕データ
簡易懸濁可否データ

※メディカルデータベース株式会社のデータを使用