ページの先頭です

医薬品情報の
新たな価値を
創造し、共有する

「AI-PHARMA」

クラウド型医薬品情報管理プラットフォーム「AI-PHARMA」説明会 12月16日(水)19:00~20:15開催

特別企画Webセミナー

クラウド型医薬品情報管理プラットフォーム「AI-PHARMA」説明会
12月16日(水)19:00~20:15開催

ABOUT
AI-PHARMA

AI-PHARMA(アイ・ファルマ)は、医薬品情報を管理・共有するクラウドシステムです。
医療現場で収集した、医薬品に関連した情報をデータベース化でき、
自然言語AI(人工知能)による効率的な情報の「整理・検索・分析」ができます。
医薬品情報と医療従事者、人と人、過去と未来をつなぐデジタル・プラットフォームとして、
多くの医療従事者に、持続的に使っていただきたいという期待を込めて開発しました。

※AI-PHARMAは木村情報技術株式会社が提唱するAI-DI(アイ・ディー・アイ)構想における根幹システムです。

AI-PHARMAシステム概要

3つの機能を持つプラットフォーム
1
医薬品Q&A

医薬品Q&A

(1)QA-AI検索 (2)QA-単語検索
(3)QA登録の仕組みを併せ持つQA事例
のデータベース

2
おくすり事例

おくすり事例

薬剤師が介入した
様々な事例のデータベース

3
DI辞書

DI辞書

全医薬品に対する検索機能。
添付文書・IF・薬価等の医薬品詳細情報 +相互作用・代替薬等を一括検索が可能

AI-DI構想とは

AI-DI(アイ・ディー・アイ)構想は、
木村情報技術株式会社の「医療貢献」
ビジョンを具現化する構想です。

ミッションは、ICT技術+AI技術で、点在する医薬品情報を
整理、共有化し、情報の循環を生むことで、医薬品の最適使用を
推進することです。

※AI-PHARMAはAI-DI構想の中の1つの根幹システムです。

カプセルの写真
男女の写真

PARTNERS

参画医療機関

病院

岡山大学病院
東北大学病院
杏林大学医学部付属病院
倉敷中央病院
東北医科薬科大学病院
あま市民病院
市立根室病院
倉敷平成病院
津山第一病院
NTT東日本関東病院
岡山旭東病院
備前市国民健康保険市立日生病院
日本赤十字社岡山赤十字病院
チクバ外科胃腸科肛門科病院
岡山県精神科医療センター
津山中央病院
川崎医科大学総合医療センター
岡山市立市民病院
倉敷中央病院リバーサイド
大分岡病院
広島市民病院
坂総合病院
日本赤十字社和歌山医療センター
ハートランドしぎさん
倉敷成人病センター
住友別子病院
刈谷豊田総合病院
日本赤十字社大分赤十字病院
総合心療センターひなが
山形済生病院
三重大学医学部附属病院
玄々堂君津病院
川崎医科大学附属病院
高知大学医学部附属病院
金沢医科大学病院
梶川病院

クリニック

ひゃくどみクリニック

薬局

こやま薬局
こうなん薬局
ユアサ薬局
モシモシ薬局・E薬局
まつもと薬局
うえむら薬局
エンゼル調剤薬局
オール薬局

NEWS

  • すべて
  • アップデート情報
  • メディア掲載情報
  • 参画施設追加情報
一覧はこちら